Volƚ Swiƚɔʜ !!!

週末はshowdownにいます。

【wcs2017】showdown1位 最高SDレート1914

 

初めに

 

    あけましておめでとうございます!

    Lacquer (@LCQ_poke) です。

 ※Twitter始めました、知り合いが少ないのでポケモン対戦好きの方にフォローしてもらえると本当に嬉しいですw

 今回はウォーグルのおかげでshowdownのトップを取れたので、アイキャッチ画像をウォーグルにしています!!

 

f:id:ykhr7:20170206084545j:plain

 

f:id:ykhr7:20170206084603j:plain

 

 さて、改めまして………

今回はshowdownにて念願の1位(Lacquer)と、1900overの2位(LCQ:グロリアのラスチャレ予選の略称とは違いますw)の2つを達成出来ました!!ということで、その記念に用いた構築とそこから派生した構築の1つを載せたいと思います。

また、Lacquerのアカウントは1900チャレして闇落ちしましたがsdの1800代を彷徨うだけの力はある構築でした

(→しかしその後、sd最高レート1914をこちらのアカウントLacquerで達成しました。なお証拠の画像はありません)

 

目次

 

 

構築紹介 

 

 ↓ 1番最初に使用した構築です

 

f:id:ykhr7:20170128083154p:plain

 

 

 

個別解説


ガブリアス 

f:id:ykhr7:20170128083136p:plainf:id:ykhr7:20161230215627p:plain

特性:鮫肌 

持ち物:拘りスカーフ

性格:意地っ張り

努力値:12-204-36-*-4-252

技:地震/毒突き/岩雪崩/炎の牙

 

Garchomp @ Choice Scarf
Ability: Rough Skin
Level: 50
EVs: 12 HP / 204 Atk / 36 Def / 4 SpD / 252 Spe
Adamant Nature
- Earthquake
- Poison Jab
- Rock Slide
- Fire Fang

 

意地っ張り、準速なのである意味Speに妥協していますねw本当は最速のスカーフガブリアスを使いたかった…

相手ガブ(Atk実数値182)の返しの地震Zで確定1発を取られたくなかったことと、性格を意地っ張りで採用していたことから、Atkを少し割いてHPとDefに回しています。

炎の牙は火炎放射と選択。

ドラゴン技は必要に感じる場面が殆どない点、そして後述のレヒレのミストメーカーとアンチシナジーな点から不採用です

 


カプ・レヒレ 

f:id:ykhr7:20170128083251p:plainf:id:ykhr7:20161230215804p:plain

特性:ミストメーカー  

持ち物:拘り眼鏡 

性格:控えめ

努力値:236-*-*-236-*-36

技:濁流/ムーンフォース/マジカルシャイン/黒い霧

 

Tapu Fini @ Choice Specs
Ability: Misty Surge
Level: 50
EVs: 236 HP / 236 SpA / 36 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Muddy Water
- Moonblast
- Dazzling Gleam
- Haze 

 

 雨パーティ相手には特に頑張ってもらいます。

 また、たまーにいるエボルブバトン構築や、腹太鼓カビゴン対策の黒い霧を仕込ませてます。レヒレのSpe実数値を下で説明するマッシブーンのそれ+1(=110)に調整することで、後出しの威嚇がマッシブーンに入ったり、カビゴンがのろいを積んだりした時でも、マッシブーンの先に黒い霧を使いステータスを戻せるので確実にカビゴンマッシブーンが仕留められる様にしています。

→メガネ型辞めようかなw

 

 黒い霧の採用はMeさんの構築記事を参考にしました、感謝ですw

count.hateblo.jp

 

 

ウォーグル

f:id:ykhr7:20170128083259p:plainf:id:ykhr7:20161230215820p:plain

特性:負けん気 

持ち物:気合の襷

性格:意地っ張り

努力値:*-252-*-*-4-252

技:ブレイブバード/恩返し/追い風/守る

 

Braviary @ Focus Sash
Ability: Defiant
Level: 50
EVs: 252 Atk / 4 SpD / 252 Spe
Adamant Nature
- Brave Bird
- Return
- Tailwind
- Protect

 

行動保証の襷(自分以外に襷持ちのウォーグルを使っていた方は見たことないです)を持たせました。理由としては、レヒレウォーグルと並べて雨パをしっかりと見るためで、襷持ちでないウォーグルだとゴルダックの雨ハイドロポンプZにより一撃で飛ばされて相手のペリッパーの追い風が一方的に通ってしまい、一気に先の試合展開が不利になると考えたからです。

しかし、雨自体をそこまで見なくなってきたため、変更して次の型を使用していました。

 ⬇︎

f:id:ykhr7:20161230215019p:plainf:id:ykhr7:20170128022320p:plain

ウォーグル 

特性:負けん気 

持ち物:飛行Z 

性格:陽気

努力値:28-180-4-*-44-252

技:ブレイブバード/恩返し/追い風/守る

 

Braviary @ Flyinium Z
Ability: Defiant
Level: 50
EVs: 28 HP / 180 Atk / 4 Def / 44 SpD / 252 Spe
Jolly Nature
- Brave Bird
- Return
- Tailwind
- Protect

 

飛行Zを持たせることで、陽気にしたせいで衰えた火力を補っています。また、耐久の調整はカプ・テテフ(SpA実数値200)のフィールド補正有サイコキネシス確定耐えです

 


ウインディ

f:id:ykhr7:20170128083313p:plainf:id:ykhr7:20161230215831p:plain

特性:威嚇 

持ち物:拘り鉢巻

性格:陽気

努力値:*-252-*-*-4-252

技:フレアドライブ/神速/ワイルドボルト/インファイト

 

Arcanine @ Choice Band
Ability: Intimidate
Level: 50
EVs: 252 Atk / 4 SpD / 252 Spe
Jolly Nature
- Flare Blitz
- Extreme Speed
- Wild Charge
- Close Combat

 

炎電気格闘の攻撃範囲の広さと神速の火力が魅力的な鉢巻型のウインディです。

終盤の詰めもこの子に任せます

 


カプ・テテフ 

f:id:ykhr7:20170128083408p:plainf:id:ykhr7:20161230215854p:plain

特性:サイコメーカー 

持ち物:命の珠

性格:臆病

努力値:*-*-*-252-4-252

技:サイコキネシス/マジカルシャイン/挑発/守る

 

Tapu Lele @ Life Orb
Ability: Psychic Surge
Level: 50
EVs: 252 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Psychic
- Dazzling Gleam
- Taunt
- Protect

 

耐久調整をすれば良かったのですが、珠の反動ダメージで削れていくので、考えていた調整はやめて極振りにしました。

またサイコフィールドのおかげで、猫騙しに妨害されることなく挑発をトリル始動要員(主にポリゴン2ですねw)に打てます。テテフの挑発は読まれづらいのかうまく決まることが多かったです。ただし、ヤレユータンミミッキュの場合はメンタルハーブ持ちの個体も多いので、殴りに行った方が良さそうです。

  


マッシブーン 

f:id:ykhr7:20170128083416p:plainf:id:ykhr7:20161230215903p:plain

特性:ビーストブースト 

持ち物:格闘Z

性格:意地っ張り

努力値:68-124-4-*-236-76

技:馬鹿力/毒突き/吸血/守る

 

Buzzwole @ Fightinium Z
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 68 HP / 124 Atk / 4 Def / 236 SpD / 76 Spe
Adamant Nature
- Superpower
- Poison Jab
- Leech Life
- Protect

 

調整先覚えてない………

取り敢えず、ここまでで重いカビゴンポリゴン2、また面倒なカミツルギを容易く吹き飛ばしてくれるZマッシブーンを採用。

呼ぶウインディ等の威嚇要員に対してはウォーグルが牽制してくれるので、動きやすかったです。

持ち物の格闘Zについてですが、メインウェポンの馬鹿力のデメリットを1回無視できる点、威嚇を入れられてもある程度の誤魔化しが効く点、そしてビーストブーストの発動に結びつきやすい点の3つから気に入りました。

ウォーグルが絶えた後のスカガブの巻き込み地震を受けてくれる駒としても優秀ですw

 

 

構築の作成過程とコンセプト

 

 この構築は、自分が1位を取る前くらいまでダントツで1位、しかもshowdownのvgc2017ルール最初の1900overを達成されたtakumaruさん(おそらくバルジーナをこの環境に連れてきた方)の構築→

blog.livedoor.jp

を参考にして(上の記事が出される以前に)作ってみたものです。

 

話が一度脱線しますが、たくまるさんが1905を取った後は暫く上位層が変動せず、2人目の1900overが出てこなかったので狙ってみようかなということで挑みましたw

1900overした日本人は2人目らしいです。海外のプレーヤーの方?にそう言われました、嬉しいw

 

本家のバルジーナとは違い、ウォーグルf:id:ykhr7:20170131071007p:plainを採用しています。

羽休め採用のバルジーナでは、イカサマ以外の打点が無い上、場に長くとどまります。そのため相手の盤面次第ではありますが、自信が置物になってしまい追い風ターンが無駄に消費されそうな印象を受けたので、

同じ追い風使いでも自らが殴れるウォーグルを代わりに採用することにしました(この構築では何度も追い風を貼り直すことを基本求めていない)

 ※バクアや叩きを採用したバルジーナなら話は別。

また、ウォーグルの場合はブレバを撃って襷で残った体力を削り自主退場も可能。そして最大の特徴である特性の負けん気による対威嚇枠でもあり、このパーティが呼びやすいウインディギャラドス(こちらはかなり減った)への対抗手段の1つとしても優秀です。

 

残りのメンバーは、ウォーグルを軸に補完や追い風下での制圧力を高めることを意識して集めました。

 

f:id:ykhr7:20170131071103p:plainガブリアスをスカーフ運用した理由は、ウォーグルが先発に呼びやすいであろうコケコを上から一撃で葬り去れる(※耐久調整のなされていない個体)点と、追い風の切れた後にRキュウコンやスカーフバイバニラに縛られるのを避けられる点を重要視したからです。

 f:id:ykhr7:20170131071133p:plainウインディは対テッカグヤカミツルギへの炎枠、威嚇枠として優秀なので採用。コントロールウインディだと追い風ターンを活かすことができない他、高火力の神速による終盤の掃除役としても動かしたかったのでハチマキ型

 f:id:ykhr7:20170131071416p:plainテテフは後半の雑な削りを入れたり、猫騙し+トリックルーム要員or自分より遅い追い風要員へ挑発を打ち込んだりする駒として採用。

 f:id:ykhr7:20170131071141p:plainマッシブーンf:id:ykhr7:20170131071340p:plainレヒレは、ウインディの威嚇を重ねるとかなりの硬さを誇るのでパーティ全体に安定感を与えてくれます。

マッシブーン、レヒレ、ウインディのおかげでサイクル戦に持ち込まれても粘り強く戦うことができます

 

 このパーティのコンセプトはかなり単純です。ウォーグルが呼ぶ先発のコケコ等をスカガブで処理しながら追い風を張る。そして追い風中は裏の珠テテフや眼鏡レヒレで敵を上からなぎ倒していくというもの(細かい立ち回りにつきましては省かせて頂きたいと思います)

 

 

構築の改変

 

上に載せた構築を変えようと思った理由は主に3つです。

 

①構築の欠陥(と言えば良いのか

 

そもそも上の構築を使い始める前から考えていたことなのですが、

拘りアイテムばかり持たせた構築は扱い辛い

というのは、上からの圧力で押し切れそうにない時は守れない、技が固定されているがために相手の返しの攻撃をサイクルで受けるか捨てるかしかなく、

特定の相手に対し役割を果たしきれないといった事態が起こり得るからです。

小回りが効き辛い、シビアな立ち回りが時折求められるといえば良いんでしょうか

 

ウインディ+カプ@拘りのミラー対面

 

showdownにてよく見かけるようになったウインディを軸にした並び↙︎

f:id:ykhr7:20170102154934p:plain+f:id:ykhr7:20170102155050p:plain@f:id:ykhr7:20170102155101p:plain

f:id:ykhr7:20170102154934p:plain+f:id:ykhr7:20170102155230p:plain@f:id:ykhr7:20170102155249p:plain

を互いに選出して被ってしまい、立ち回りが面倒かつ不毛に感じる場面が増えました。

 

③苦手なポケモンや並びの増加

 

f:id:ykhr7:20170202205212p:plain持ちのf:id:ykhr7:20170202205202p:plain/f:id:ykhr7:20170202205235p:plain/f:id:ykhr7:20170202205255p:plain/f:id:ykhr7:20170202205307p:plain 

f:id:ykhr7:20170202205449p:plainf:id:ykhr7:20170202205501p:plain +f:id:ykhr7:20170202205509p:plainf:id:ykhr7:20170202205527p:plain

上に挙げたポケモン、並びはトリル展開と違うベクトルで処理に手間取ることが多くてかなり苦手でした。

 

ということで構築を変えてみました!

 

 

派生構築


f:id:ykhr7:20170206084907p:plain

 

 古参のメンツに関してですが、

ガブリアスはスカーフ→地面Z

ウインディは鉢巻→珠や達人の帯

 

 新規のメンツに関してですが、

・スカーフカミツルギ+エレキシードコケコ

f:id:ykhr7:20170105220023p:plainf:id:ykhr7:20170128024508p:plainf:id:ykhr7:20170105220049p:plainf:id:ykhr7:20170128024822p:plain

 この並びに、さらにウインディの神速も絡めるとかなり強力であることに気付いたので、採用してみました。

 

 コケコのエレキシードは特に増え始めたスカガブ対策です。そこそこの火力で返しのマジカルシャインをスカガブに浴びせることを目標としています。性格は控えめで一般的なSpAとSpeへの極振りで、耐久にまるで割けなかった分をエレキシードで補っています。フェローチェの珠毒突きにも対応可能です。

 

 また、使用したスカーフカミツルギについては以下の通りです

 

f:id:ykhr7:20170102163204p:plainf:id:ykhr7:20170102163226p:plain

カミツルギ 

特性:ビーストブースト

持ち物:拘りスカーフ 

性格:意地っ張り

努力値:  ❶案 84-148-4-*-20-252   ❷案 4-92-4-*-252-156 

技:リーフブレード/スマートホーン/葉っぱカッター/聖なる剣

 

Kartana @ Choice Scarf
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 84 HP / 148 Atk / 4 Def / 20 SpD / 252 Spe
Adamant Nature
- Leaf Blade
- Smart Strike
- Razor Leaf
- Sacred Sword

 

Kartana @ Choice Scarf
Ability: Beast Boost
Level: 50
EVs: 4 HP / 92 Atk / 4 Def / 252 SpD / 156 Spe
Adamant Nature
- Leaf Blade
- Smart Strike
- Razor Leaf
- Sacred Sword

 

⬆︎カミツルギの葉っぱカッターは強い

 

❶の調整だと、Atk実数値182ガブリアス地震Zや炎の牙くらいは耐えてくれます。

❷の調整だと、特殊方面が比較的厚いのでコケコのフィールド下、珠10万ボルトなどを1発は耐えてくれます。 

 

もちろん、意地っ張りASカミツルギでも大丈夫です。(威嚇込みでH4ワルビアルをリフブレで高乱数確1とか火力おかしいw)

しかし、Sに性格上昇補正を掛けないと、最速スカーフテテフと同速の161勝負になってしまう点がネックですね。

 

カミツルギは非常にウインディを呼びやすいため、ウォーグルの負けん気とよくマッチした印象があります。この辺は上で紹介したマッシブーンと似ています

 

苦手な相手

 

f:id:ykhr7:20170206124427p:plain持ちのトリル要員f:id:ykhr7:20170206124445p:plain/f:id:ykhr7:20170206124505p:plain

f:id:ykhr7:20170206124515p:plain/f:id:ykhr7:20170206124524p:plainのスイッチトリル⬅︎特にヤバい

猫騙し+追い風要員f:id:ykhr7:20170206124721p:plain/f:id:ykhr7:20170206124733p:plain/f:id:ykhr7:20170206124742p:plain

 

 冒頭で述べた通り、まだ幾つか派生の構築があり、そちらを今では好んで使っています(上で紹介した構築より動かしやすい)が、

その構築ではトリルをもっと厚く見れるようになりました(多分w)

 

最後に 

 

かなり長い文章になってしまいました(もっと簡潔にまとめられるよう努力します)が、

読んでいただきありがとうございました!