読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッカーすぷれー

wcs,vgcダブルやってます

【wcs2016】ゴチルゼル軸構築の立ち回り

wcs2016 pokemon showdown 構築記事

 やっていて分からなくなる時がたまにあるため、

下のパーティの立ち回りについて自分用にメモ

f:id:ykhr7:20161103201119p:plain

 

○パーティコンセプト

ゴチルゼルでロックしながら、相手の場に合わせてナットレイグラードンをマンダ方向から死に出しして有利対面を作る

 

○立ち回り

基本の投げ方

初手f:id:ykhr7:20161107173015p:plainf:id:ykhr7:20161107173030p:plainゴチルゼルボーマンダ

裏     f:id:ykhr7:20161107173049p:plainf:id:ykhr7:20161107173125p:plainグラードンナットレイ

基本はマンダで削りながら、ゴチルゼルでタイミングをはかってトリル展開。

 

1. 対big6

f:id:ykhr7:20161107174441p:plainf:id:ykhr7:20161107174452p:plainf:id:ykhr7:20161107174501p:plainf:id:ykhr7:20161107174525p:plainf:id:ykhr7:20161107174540p:plainf:id:ykhr7:20161107174548p:plain

big6に関しては、初手の展開パターンが12〜13通りくらいあるので、想定される相手の初手別に

 

f:id:ykhr7:20161107173237p:plainf:id:ykhr7:20161107173246p:plainグラードンガルーラ

最も自分のパーティに対して繰り出されやすい初手の並び。初手に出てくるbig6のグラは大抵特殊型なので最高火力は噴火。つまり体力を削ってしまえば、ゴチルがガルーラとグラードンの集中攻撃を耐える(威嚇とオボン込みで)ことがたやすくなる

1ターン目にゴチル→守る、マンダ→ボイス

が基本の動きだが、めざ氷グラだとトリルを張れずマンダが落とされた状態で2ターン目を迎えるので、出来れば両守るから入って様子を見るのがベスト。

 マンダが落とされるまでゴチルは守る、オボンで場に居座らせ続けることに集中。相手の場にグラードンガルーラが残ってる場合、こちらはグラをマンダから死に出しして噴火。優先的にガルーラを排除する。いや、もし相手が捨て?のプレイングでグラを動かしてくる、かつ裏にアローがいたら、相手のグラを処理するルートが限られて(大地や断崖で大きく削られた後アローに縛られる)アウトなので、正直、相手のグラを潰すことを優先すべきか?どうせガルーラの火力は威嚇で下がってるので気にする必要は…。ただグロパンガルの可能性も。どのみち、先発で出したマンダのハイボがグラにも入っていれば、噴火サイキネでガルーラもグラードンも処理できるか

 

f:id:ykhr7:20161107173258p:plainf:id:ykhr7:20161107173312p:plainガルーラファイアロー

1ターン目、ゴチルはアローの挑発、ガルの猫の集中に同時に有効的なマジックコート(優先度の関係上、相手の猫騙しより先に決まる)、マンダはハイボで雑に削る。

2ターン目にはアローをマンダで潰せるはず、と同時にトリルを張る

 

f:id:ykhr7:20161107173320p:plainf:id:ykhr7:20161107173328p:plainガルーラゼルネアス

最も事故というべきパターンか?ゴチルマンダの並びで入ったら1番危ないやつ(あまりそう思わなくなってきたwマンダに吠えるが欲しい対面………

1ターン目はマンダバックナット後出し、ゴチル守る

というのは、2ターン目に放ってくるであろう2upムンフォを耐えるためにガルの猫を食らいたくないから。

2ターン目は完全に択。ゴチルとナット両方動かして通った方に合わせてゲームを進めていくか、ナット守ってゴチルでトリル張るか…うーん

とにかく、1番面倒な初手(ただこのパーティ相手には比較的珍しい初手

 

f:id:ykhr7:20161107173341p:plainf:id:ykhr7:20161107173802p:plainゼルネアスドーブル

マンダ→ナット、ゴチルマジコが基本だが、これもまた択。1ターン目からトリル張りにいく時もそこそこある。トリル下ならば、ゴチルマジコ、ナット味方に悩みの種が安定行動となるはずだが、ナットのラムが消費されてなければドーブルから集中して吹っ飛ばしてく。この指警戒故の行動

今更だが、sを割いて耐久に振ってるs2upゼルネをジャイロ一撃で倒せない点に要注意、ジャイロは飽くまで削りだと考えておくのがベストか

 

f:id:ykhr7:20161107173816p:plainf:id:ykhr7:20161107173830p:plainガルーラドーブル

1ターン目、ゴチルはマジコ、マンダはハイボ

この選択だとダクホがマンダに入ってしまうが、ドーブルがダクホ以外を選択することまで考えるとこれがベストという結論に至った。もしダクホされてもハイボでドーブルを襷まで削れるうえに、ダクホをはじき返して眠らせ、トリル下でゴチルがドーブルを縛ることが可能。ラム悩みナットという保険まであるのでまぁあまり苦悩しないはず…多分

神秘ガルは……無理

ラムドーブルでも大抵大丈夫

 

影踏みを発動する上にトリル展開をしてくるゴチルゼルが場にいる以上、相手のドーブルのダクホを誘発しやすいことを覚えておく

 

f:id:ykhr7:20161107173843p:plainf:id:ykhr7:20161107173858p:plainボーマンダゼルネアス

吠えるマンダ………?吠えるだったら無理w

マジコではじき返してもグラやアローが出てきてしまえばもう…

吠えるが無い場合、ゴチルナットの並びでスキンを悩みの種で奪う等してこの並びは潰せる

また、炎技を採用したマンダも厳しい…

 

f:id:ykhr7:20161107173917p:plainf:id:ykhr7:20161107173924p:plainグラードンファイアロー

基本の動きに合わせるが、めざ氷グラだと厳しいか…アロー突破を優先的に意識する

 

2. 対bigB、グラカイドータf:id:ykhr7:20161107174133p:plain

基本の投げ方に合わせるか、ゼルネゴチルでドータクンを誘うか

 

bigBのドータクンの技構成は、トリル重力催眠ジャイロがほとんどなので、なるべく早くグラとナットを横並びにすることを目指す。というのは、ドータの重力催眠をこちらのグラに決められて、相手のグラに好き放題されると負けに直結するから。

対ゼルドーの所で述べたのと同様、ナットは味方のグラに悩みの種を打ち込んで催眠耐性を早くつけたいところ。グラの同速対決に負けたとしても、相手がc特化大地じゃない限り勝てる

また、ゴチルの扱いはさほど意識しなくていい…はず

万が一、bigBでスキスワドータの場合

ドータグラの並びの時、ドータに種で浮遊グラ完成を阻止

 

対グラカイドータにおいてはどちらの型のドータクンかは判断が少し難しいが、スキスワ型ドータクンの場合、

ドータクンカイオーガの並びの時にはナットのウィップとグラの10万ボルトを合わせてオーガを先に潰す。天候を取られてもさほど気にならないので

グラが後出しできる盤面の時は相手のオーガに悩みの種を打ち込んで、スキスワによる天候操作を未然に阻止する。あとは噴火でドータの処理を優先。

ドータにスキスワでゴチルの影踏みを盗られないように注意しながらプレーする

 

 話は変わるが、最も気をつけなければならないこととして、H252グラがこちらのグラの大地の力で乱数、つまり確定1発ではない、ということが挙げられる。この点を踏まえてゴチルやマンダ等で相手のグラを少し削っておく。実は、自分のグラはこの点を踏まえて、構築記事に載せたモノよりも火力でなく特殊耐久にもっと寄せた型を採用していた

 

3. 対bigCf:id:ykhr7:20161107174142p:plain

これが1番面倒?かもしれない

クレセはトリル前提で動く訳ではなく、トリルの切り返しをしたり、こごかぜでs操作してきたりするから。

ドーブルゼルネアスを初手で投げて荒らしてく、トリル張られたらナットとグラで処理。マンダの追い風展開も視野に入れる時もある

まだ完全な処理ルートを見出せていない

 

4. 対オーガレック(クロバゲンガー入り)

f:id:ykhr7:20161107173956p:plainf:id:ykhr7:20161107174010p:plainf:id:ykhr7:20161107174019p:plainf:id:ykhr7:20161107174028p:plain

 

初手f:id:ykhr7:20161107174344p:plainf:id:ykhr7:20161107174358p:plainゴチルゼルドーブル@メンハ

or f:id:ykhr7:20161107174405p:plainf:id:ykhr7:20161107174413p:plainゼルネアスゴチルゼル

 語ることは特にない、さして苦労しなかったはずなので省略

 

5.対Wolfeオーガレック

f:id:ykhr7:20161107174202p:plainf:id:ykhr7:20161107174213p:plainf:id:ykhr7:20161107174221p:plainf:id:ykhr7:20161107174232p:plainf:id:ykhr7:20161107174245p:plainf:id:ykhr7:20161107174252p:plain

 

初手f:id:ykhr7:20161107174306p:plainf:id:ykhr7:20161107174315p:plainゼルネアスゴチルゼル

f:id:ykhr7:20161107174322p:plainf:id:ykhr7:20161107174333p:plainグラードンナットレイ

大抵、お相手はライチュウカイオーガか、レックウザカイオーガで入ってくる時が多い。

トリルを張る、かつカポエラーを倒してしまえばラムナットレイで粉砕可能

初手にゼルネアスを投げた時にお相手がゲンガーを選出していたらナットレイにひいて毒技を無効化させることも

マジコを合わせて挑発弾き返せればゲンガーはあまり怖くないが、ゲンガーには影踏みロックが効かないので注意が必要

ライチュウのボルチェンを見切ってグラを出したり(危ない)、ゴチルゼルを守ったりするための感覚は養うしかない…w

基本、初手はゼルネアスゴチルゼルから入る。ゼルネは守らずにムーンフォースカイオーガを殴ったり、マジカルシャインで相手の2体に削りを入れたりする

ゼルネを強気に動かすのは、仮に猫騙しがゼルネに飛んできたとしても、お相手からすれば水技を打ち辛い(影踏みロックされてる上にグラをこちらから後出しされる可能性が考えられるはず)のでレイビくらいしか飛んでこないからである

 

一つ、wolfeオーガレックと戦う時に気をつけなければならない対面がある。

 とある方とSDにてフレ戦させてもらった際に、

お相手がカポエラーカイオーガ

こちらがゼルネアスゴチルゼル

という先発の対面になった。

このとき両守るを選択した(この時点で基本の動き、ゼルネは初手から強気に動かす、に忠実でないw)のだが、お相手はフェイントと潮吹きを重ねてゼルネを集中砲火。これには驚いた…、というのは、フェイントはまだしも、無効化される危険性が高いというのに潮吹き………

ということで、もしこの対面になったとき、カポエラーが猫しようがフェイントしようが、ゼルネはジオコン、ゴチルはグラにバックが安定となる

次のターンはグラをナットに引くか居座って守らせる。ゼルネがジオコンを1ターン目に出来てたらそのまま勝ちに直結するが、出来てなかったら2ターン目に積む。グラに水技を入れるため、またその存在がこの対面(カポエラーカイオーガグラードンゼルネアス)において腐りがち、かつカイオーガの水打点が打ち消されているため、カポはレックに引く可能性が高い。

出てきたレックのエアロックにより雨補正をなくした潮吹きはジオコン後のゼルネ(最速なので先に積める)に殆ど入らないため、安定行動となる

正直、もしもこの対面になるなら裏にナットではなく、マンダがいた方が理想的だが、他の先発パターンを考えると、マンダは入れ辛いか…

この時のお相手氏は、カポエラーカイオーガレックウザライチュウという先発だったが、ライチュウドータクンだったらまた違うプランを考えなければならない

wolfeオーガレック系には基本負けたことは無かったので悔しい

 

6. 対イベルタル入りf:id:ykhr7:20161107174613p:plain

ゼルネアスを持ってきた理由はこいつを見るため。ジオコンは正直あまり使わない。ゼルドーで相手取るのが良さげか

 

7. 対ボルトロスレパルダス等の挑発を覚えた悪戯心持ち入りf:id:ykhr7:20161107174810p:plainf:id:ykhr7:20161107174900p:plain

初手f:id:ykhr7:20161107175005p:plainf:id:ykhr7:20161107174948p:plainゴチルゼルドーブル?(弱そう

明確な処理方法はまだ決まってないが、まあ勝ってる時の方が多い。マジコとメンハトリガドーブルがいる以上、こちらの方が分は良いはず

 

8. 対エルゲン(エルテラゲンガー)

f:id:ykhr7:20161107175042p:plainf:id:ykhr7:20161107175054p:plainf:id:ykhr7:20161107175103p:plain

 

初手f:id:ykhr7:20161107175142p:plainf:id:ykhr7:20161107175152p:plainゴチルゼルドーブル

グラードン+ナットレイorゼルネアス

メンハトリガドーブルを使っている時なら、補助技はあまり怖くない。トリル張ったらサイキネでゲンガーを叩く。替えられる、あるいは倒すとゲンガーロックが外れるのでドーブルを交代する

スカーフドーブルを使ってる時は、相手のゲンガーに変身、これ重要(エルフーンに挑発があったら負けに直結

 

9. 対X-Ray構築(カッコいいf:id:ykhr7:20161107175227p:plainf:id:ykhr7:20161107175216p:plain

 

書く必要を感じないため省略w

 

 

○最後に

SDのvgc2016ルールはグラゼルネよりもグラカイ、オーガレック、ゼルネレックが多く日本の環境とは違うのかもしれない…が、グロリア見てるとそうとも言い難いか