読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッカーすぷれー

wcs,vgcダブルやってます

【wcs2016】showdown1位 ゴチルゼル軸

 みなさんこんにちは、Lacquerといいます。 

  

この度、後期のshowdown.vgc2016ルールで最高レート1815、1位を取ることが出来たので、初めてですが記事を書いてみようと思います。

 

f:id:ykhr7:20161027105329p:plain

 

GXE見劣り…………

 

〜構築〜

 

  f:id:ykhr7:20161027105620p:plain

 はい、闇落ちしましたw

ただ、後期のshowdown.vgc2016で1700代をキープすることは出来ていたので、構築自体は悪くないと思います

 

〜構築作成までの過程〜

 

 VGC2016は天候合戦が主軸にくるルールだったので、サイクル戦にさせないため初手から影踏みを発動できるゴチルゼルf:id:ykhr7:20170201143023p:plainを採用。天候での優位を保つことを意識。

 

 次にトリックルーム下で暴れられる禁伝を探す訳ですが、個人的には強そうに思えていた最遅特殊ゲンシグラードンf:id:ykhr7:20170201143032p:plainを採用。普通、最遅型のグラードンといえば物理型かもしれませんが…

 

 そしてナットレイf:id:ykhr7:20170201143041p:plainをこちらのゴチグラの並びに強く出てくる、カイオーガ(これはスキスワ警戒で出てきにくいかも)またはオーガレック対策として採用です

 

そもそも、ナットレイf:id:ykhr7:20170201143051p:plainゲンシグラードンf:id:ykhr7:20170201143101p:plainの2体で今回のルールにおける主要なアタッカーの殆どは倒せるんですよね

この3体の並びを回してみたところ強かったので、これを軸に構築を作ろうと考えました。

 

元々、この3体にメガガルーラを加えていたのですが、ゴチルゼルガルーラの並びに対してbig6からはよく、初手ガルーラグラードンの並びで投げられることが多く、対応しきれないため解雇。

なんかいいポケモンいないかなぁ…………

メガボーマンダ!!!!!f:id:ykhr7:20170201143112p:plain

  ゴチルゼルボーマンダの並びは、影踏みで威嚇の効果を維持し、相手の初手から出てくるグラードンは大抵特殊型であるためハイパーボイスで噴火の威力を下げ、比較的安全にゴチルゼルトリックルームを展開させることが出来ます。

 

 ここまでで、4体決まった訳ですが、この並びだとイベルタルマニューラレックウザがちょっとしんどくなってきました 

 →ゼルネアスf:id:ykhr7:20170201143123p:plain採用

 元々、ゼルネアスの枠に関してはカイオーガ、ホウオウ(トリルが切れる直前の追い風要員、兼アタッカー)と迷走していましたが、ゼルネアスに落ち着きました

  

 最後の一匹はドーブルf:id:ykhr7:20170201143137p:plainにしました。持ち物はスカーフの時もあれば、メンタルハーブの時も。ドーブルのおかげでゴチルゼル以外の展開パターンを用意できたのは非常に大きいかったですね

 

〜個別解説〜

(耐久の調整先はもう殆ど覚えてない…)

 

ゴチルゼル

f:id:ykhr7:20161108113624p:plainf:id:ykhr7:20161027113546p:plain

持ち物:オボンの実

特性:影踏み

性格:生意気

努力値: HP 244 / Def 100 / SpD 164

実数値 :176-×-128-115-166-63(S個体値0)

技:サイコキネシス/トリックルーム/マジックコート/  守る

 

 最遅にしていた理由は忘れましたw

 マジックコート(以下マジコと表記)が初見殺しとなりますが、かなり役に立ちました!読み合いというよりかは相手依存のところが大きいので微妙と言われればそこまでですが…。マジコを使うときに注意しなければならないのが、相手が初手にドーブルを投げて来た時に1ターン目からダークホール(以下ダクホ)を撃ってくることが少ないということです。初手のドーブルからは猫騙しがゴチルゼル方向に飛んでくることが一番多いので、ゴチルゼルは守ってボーマンダで雑に削ります。万が一相手の横にいるゼルネが積んできても大抵の2upムンフォ耐えてくれる(ちょっと危ないが)ので、トリックルーム(以下トリル)きまるときは多いですね〜

 本当は守る切って重力なり、スキスワ、挑発、神秘の守り(出来たっけ?)を入れたいのですが、よく出される先発のガルーラグラードンによる初手から2ターン以内の猫騙し捨て身噴火2発(威嚇、噴火の火力ダウン、オボン込みでも)を耐えるのは無理なので、守るは切れません。ゴチルゼルの守るは読み難い(SDでたまに見かける他プレーヤーのゴチルゼルは守るを採用していない個体が多いため)のか、猫騙しやグロパンが飛んでくることが殆どでした

 

グラードン

f:id:ykhr7:20161108113727p:plainf:id:ykhr7:20161027115951p:plain

持ち物:紅色の珠

特性:終わりの大地

性格:冷静

努力値: HP108 / Def 4 / SpA 252 / SpD 140

実数値:189-×-181-222-128-85(S個体値0)

技:噴火/大地の力/10万ボルト/守る

 

 先程も述べた通り、最遅のグラードン(以下グラ)というと物理型がメジャーですが、高火力範囲技の噴火ができることと、相手のグラを殆ど1発で飛ばすことがこのパーティでは求められていたので特殊型で採用

 10万ボルトはナットレイパワーウィップと合わせてカイオーガを吹っ飛ばしたり、構築単位で重いファイアローを倒したりするために入れてます。

  ナットレイと合わせるならカイオーガ(以下オーガ)では?と思われるかもしれませんがこの枠をオーガにすると、

→相手のナットレイがキツくなり、グラカイにすると今度はイベルタルがきつくなる

(伝説枠が足りなくてゼルネが抜けるため)

となります。

 また、相手のドータクンにトリルを返されるといった動きも多々見られ、それを阻止するためにも一刻も早くドータクンを処理できる特殊グラ採用です

 

ナットレイ

f:id:ykhr7:20161108113818p:plainf:id:ykhr7:20161027121246p:plain

持ち物:ラムの実

特性:鉄の棘

性格:勇敢

努力値: HP 252 / Atk 220 / SpD 36

実数値:181-156-151-×-141-22(S個体値0)

技:パワーウィップ/ジャイロボール/悩みの種/守る

 

 はい、悩みの種ですw催眠耐性の他には、間接的な天候操作とスキン特性の削除が主な狙いです!この技のおかげで、トリル下なら、クレセカイオーガドータクン(スキスワ持ち)オーガの並びに対してゲンシグラードンの後出しがかなり安定します。トリル下でs22から催眠耐性を味方に撒いたり、スキスワ浮遊を消したりと最強の技だと思ってます!トリル下なら、相手のドーブルダークホールに合わせて、マジックコートをした味方のゴチルゼルに向かって悩みの種を打てば、悩みの種が弾き返されナットレイ自身の特性が不眠に、そして相手にはダクホが返っていくという面白いプレイングもできます!

 特製の鉄の棘も優秀で、神速に縛られたこちらのゼルネ等の裏からナットレイを出すとレックウザの襷が削れたり、残り体力の少ないガルーラやレックを落とせたりして美味しかったです

 

ボーマンダ

 f:id:ykhr7:20161108113903p:plainf:id:ykhr7:20161027122427p:plain

持ち物:ボーマンダナイト

特性:威嚇→スカイスキン

性格:せっかち

努力値: HP 4 / Atk 4 / SpA 220 / SpD 28 / Spe252

実数値:171-166-135-168-114-189

技:ハイパーボイス/捨て身タックル/追い風/守る

 

 吠えるが欲しい……、

 普通の両刀メガマンダです。

 噴火、ハイボ、ジオコン積んでないゼルネのマジシャを耐えていくため、dに下降補正の掛からない性格、せっかちで採用

 

ゼルネアス

f:id:ykhr7:20161108113941p:plainf:id:ykhr7:20170201143148p:plain

持ち物:ゼルネアスナイト(パワフルハーブ)

特性:フェアリーオーラ

性格:臆病

努力値: HP 44 / Def 140 / SpA 68 / SpD 4/ Spe 252

実数値:207-×-133-160-119-166

技:マジカルシャイン/ムーンフォース/ジオコントロール/守る

 

 こちらも普通のゼルネアスです。

 相手の最速グラに上から噴火を撃たれる前にジオコンを積む、メガシンカ前のレックウザを上から叩く、イベルタルの先に動いて殴る(バークアウトが地味にキツイ)ため、またトリックルームを展開せずに戦う時はこのゼルネを軸とするため最速調整

 

ドーブル

f:id:ykhr7:20161108114013p:plainf:id:ykhr7:20161027123950p:plain

持ち物:拘りスカーフ

特性:ムラッケ

努力値: HP 44 / Def 252 / Spe 212

実数値:136-×-87-×-65-134 

技:ダークホール/ 猫騙し/変身/トリックガード

 

  ちょっと硬いスカーフドーブルです、最速130族抜き、威嚇込みでアローの珠ブレバ耐えという、mdkさんのブログに載せられていたなかなか便利な調整です

  

  〜色々〜 

雑になってきてるw

 

 WCS2016が終わったその日からwolfeオーガレックが蔓延りました。

 徐々にbig6が再興してきたものの、今度はX-Ray構築、イベルタル構築と、SDのvgc環境の中心になる構築にかなり多様性が出てきたのをよく覚えてます。

 そういった中で自分の構築はうまく刺さってくれたのかなと思います。

 (特にグラカイドータ、bigB、wolfeオーガレックには比較的強かったっぽい)

 wolfeKは知りません、特に威張ってくるヤツに関しては

 

 このパーティの苦手な相手はホウオウと、エルゲン(特に挑発持ちエルフーン)です。

 ホウオウはマンダを丁寧に、エルゲンはスカーフドーブルで相手のメガゲンガーに変身すれば何とかできます。しかし、やはりエルゲンは人によって技構成がかなり異なってくるので、メンハドーブルゴチルゼルの並びが本当は正解なのかなと思ってます(微妙…

 

 話は変わりますが、実機を持たない自分としては、showdownを通して、日本のオンライン予選を突破された方々や海外の代表選手等と会話したり、ツイ垢を教えてもらったり、対戦できたりととてもいい経験をすることが出来ました!

こんな自分(SD厨とかいう謎)と交流して下さった方が何人もいて嬉しかったです!

 

 この構築記事が読んでくださった方の役に立ったのであれば幸いです

 そしてここまでありがとうございました!!

 

 

 

 最後に……………

  「実機が死ぬほど欲しい」